不動産投資

不動産投資で仲介業者選びはコア要素【結構大事】

どうもあおいろです。今日は購入した戸建て不動産の仲介業者とお話をしてきました。

担当さんに色々聞いたら親切に答えてくれたりするので、本当にここに頼んで良かったと思います。

今日は仲介業者、付き合う業者の選び方についてお話ししようと思います。

仲介業者の選び方

まず戸建て不動産の仲介というとどこが思い浮かびますかね?早く入居者を入れたいなら、ここがポイントらしいです。

皆さんが仮に戸建て不動産を大阪で探している人としたら、おそらく多くの人はGoogleに【戸建て 賃貸 大阪】と入力すると思います。

ここで広告を省いて、1番先頭に出てくる不動産仲介業者が当然ですが1番入居率は高いです。

住んでる地域によるのでどの会社がいいよとは言えないですが、そうやって決めるといいと思います。

仲介業者は、何社と契約してもいいので他もお願いするのが一般的です。

個人的にオススメだなと思ったのは、地元では大きな地元密着の不動産会社です。

手数料は変わらないのですがお話しした印象だとかなり柔らかい感じの対応をしていただけましたし、初めてで手順とかがわかりません!といっても詳しく教えてもらいました。

不動産投資をしていきたいと伝えると売買部署の人を紹介して頂けたり、希望をあらかじめ伝えてくれれば優先して紹介しますと言ってもらえたりしました。

もちろんあちらも商売としてそう言っているのですが、地元密着の不動産の方が全国区の不動産仲介会社よりもライバルは少なく優良物件が回ってくることが多いと聞きます。

そういった観点から、地元不動産はおすすめです。

不動産仲介手数料について

仲介手数料は、借り手が決まったら賃料の1か月分をお支払いするのみです。

どこも同じような感じらしいです。意外と安いんだなあという印象でした。会社によって高いところもあるのでしょうが、ベースはこの価格みたいです。

多くの会社にお願いをしておき、決めてくれたストライカーにのみお支払いが発生するといった形になっているようですので、貸主にかなり優位だと思いました。

ただ僕的には地元不動産と深いお付き合いがしたいので、決めて欲しいものです。

仲介の手順

不動産仲介をしてほしい会社に電話orホームページから問い合わせをして、連絡を取ります。

そのあと日取りを合わせて貸し出す不動産で集合し、家賃の希望条件や敷金礼金などを決めます。

書類にサインをして終わりです。会社によっては印鑑があるかもしれません。

条件がよくわからなければ、周辺の家賃相場なども聞けば答えてくれるので相談して決めるのもいいと思います。

あとは物件の写真を撮ってもらい、掲載されるのを待つのみです。とても簡単でした。

まとめ

仲介業者は検索して1番上の会社と地元密着の会社の二社は契約すべし。

仲介料金は家賃の1ヶ月分が一般的。

家賃相場など、分からないことはプロに聞こう。

とても楽しく勉強になる時間でした。参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
あおいろ
あおいろ
アーリーリタイヤを本気で目指し投資家へ。不動産投資、インデックスファンド、高配当ETFへ超長期に積み増していくスタイル。お金についてさらに学ぶため日商簿記2級をゼロから独学3ヶ月で取得チャレンジ→成功しました。