セルフリフォーム

壁紙と天井を自分でペンキ塗装してみた【意外と難しい】

投資家のあおいろです!今日は不動産投資をしている僕が、購入物件の壁紙と天井を塗装してみましたので方法を共有したいと思います。

壁紙塗装orクロスの張り替え

壁紙や天井がとても黄ばんでいたので初めはクロスを張り替えようと思いましたが、壁紙が古すぎると既存の壁紙が剥がれにくくて嫌なんですよね…。

まず剥がして貼らなくてはいけないので剥がす作業に時間が取られたくなかったのと、ペンキ塗装の方が簡単そうだし安いので塗装にしました。

実は初めてやってみたのですが、めちゃくちゃ綺麗に塗装出来ました!満足です。

用意するもの

  • マスカー、マスキングテープ
  • ローラー本体
  • ローラー延長棒
  • 交換用ローラー×2
  • バケット
  • バケット内容器×2
  • 塗料一斗缶がいいかも
  • シーラー
  • ハケ(細かい所用)

とこんなところです。

塗装手順

よし塗るぞ!といきなりペンキをペタペタやってしまうと大変なことになりますので手順通りにやっていきましょう。

マスカーで養生をする

まずは塗装するにあたり、色がついてはいけない箇所をマスカーで隠していきます。

扉や窓のまわりなどですね!あとコンセントカバーを取ってそこもマスキングするのを忘れずに。

天井もやるなら確実に床に垂れますので、床も全てマスカーかブルーシートなどを敷いておきましょう。

今度こそ塗装や!といきたいところですが下準備がまだあります。

シーラーを塗る

シーラーを塗るか塗らないかでは、塗料の伸びやムラなどが違ってくるみたいなので念入りになっていきます。

こんな感じでバケットに内容器セットしたらシーラーを入れて、ローラーをつけてセット完了です。

どれくらい塗ればいいんや…。となりましたが初めてなので、結構厚めに塗っておきました。

高いところは延長の棒を取り付けて使いましょう。

天井、壁紙、扉を全て塗り終えたら乾くのを待ちます。僕の場合ちょっと湿っていましたが、ええい待てるかい!!という事で塗装にいきます。

ペンキを塗る(1度目)

ついにお待ちかなペンキのお時間です。ペンキは2度塗りが基本らしく、1度目はあまり色ムラなど気にせず塗ってもいいみたいです。

とりあえず道具を用意。先程シーラーで使用したものとは別で新たにセットするようにしてください。

こんな感じで準備したら1度目のペンキを塗ります。ワクワクします。

ムラは気にせずとは言ったものの、結構しっかり塗ってしまいました。ですがやった感じで言うと1度目からしっかり塗った方がトータルで早かったような感じがします。

全部塗り終えたら乾くのをまって2度塗りにいきます。ペンキの缶の説明を見ると、1時間で乾くよと書いてありました。

季節によって前後すると思いますが、今回の場合は結構早く乾いていました。僕は合計3部屋塗装したので時間的に2度塗りは次の日でしたが、一部屋なら当日でも出来そうです。

完成

完成です。あらかじめ道具が揃っていれば、結構簡単で早く綺麗にできますね。

ビフォー

アフター

見比べるとかなり違いますね!よく見るとマスキングが下手で木枠についてしまってたりするんですが、遠目から見ると素人仕事とは思えません!(自画自賛)

かかった費用

ざっくりですが、1部屋分だと塗料は半分くらい使いましたので、1万円くらいと思います。(ざっくりすぎ)

はじめにローラーセットなどを揃えるので費用はかかりますが、買ってしまえばあとはほぼ塗料代のみで済みますね!

まだリフォーム中で概算しか出せてませんので、費用が細かく出たらまた更新します。

まとめ

結構簡単で、安価で出来ました。クロス業者に頼むと一部屋で6〜10万円程かかるのと比べるとかなり費用が削れます。

自身のスキルにもなるので、ぜひチャレンジしてみてください!

ABOUT ME
あおいろ
あおいろ
アーリーリタイヤを本気で目指し投資家へ。不動産投資、インデックスファンド、高配当ETFへ超長期に積み増していくスタイル。お金についてさらに学ぶため日商簿記2級をゼロから独学3ヶ月で取得チャレンジ→成功しました。