株式投資

NISAやつみたてNISAってなに?【オススメ銘柄あります】

どうも、あおいろです。

投資をしていると当たり前になってるんですけど、NISAってなんなのかをまだ知らない友人がとっても多いんです!

今日はとても今更すぎて聞けへん、NISAやつみたてNISAの違いや内容を簡単にわかりやすく書いていきます。

NISA制度とは?

NISAは、毎年一定額まで投資で得た利益が非課税になるよといった制度です。

NISA口座を開設して株や投資信託を買うという流れなので、NISA自体はただの箱みたいなものですね。

またNISAには一般NISAつみたてNISAとあり、それぞれで投資期間や年間投資可能額に違いがあります。

NISA

条件…日本在住で20歳以上

最大投資期間…5年

投資限度額..120万(総額600万)

対象…日本株、米国株、ETFなど

制度期間..2014~2023年

しょぼいぬ
しょぼいぬ
年間120万までわりと自由に好きな銘柄投資ができるけど、期間が少ないんだわんな。

つみたてNISA

条件…日本在住で20歳以上

最大投資期間…20年

投資限度額..40万(総額800万)

対象…指定の投資信託のみ

制度期間..2018~2037年

しょぼいぬ
しょぼいぬ
年間40万しか出来ないし買えるものも少ないけど期間が長いんだわんな
あおいろ
あおいろ
どちらかしか選べないので、よく考えて選ぼう

NISAの使い方について

証券会社であれば基本的にはどこでもNISAを使って購入することは可能です。

今証券口座を持っていない人は、開設したい証券会社があれ開設手順の中にNISAの開設も組み込まれているので自然に作ることができます。

どこで作っていいのかわからない人は、基本的には楽天証券がオススメです(僕は楽天びいき)

どちらのほうがいいの?

ご自身がやりたいことによって変わってくるのです。

一般NISAがオススメな人

一発ぶち当ててやるぜ!なんて人

投資家としてコンスタントに売買益を狙っていきたいという人

つみたてNISAがオススメな人

コツコツ運用して20年後に備えたい人

安全に資産を増やしたい人

個人的におすすめは?

一般NISA口座では投資をしたことがない人にとって無数の数から銘柄を選定するのは難しいです。年間で120万という投資額もあまり現実的じゃないため個人的には【つみたてNISA】のほうがオススメです。

あおいろ
あおいろ
僕もつみたてNISAです

僕は楽天ゴールドカードから自動で引き落とされるので楽ちんだし、ポイントも貯まって一石二鳥です。

積立NISAで20年積み立てたらいくら?

自己資金

33,333円×20年

総額7,999,920円

運用収益

総額7,041,209円

合計

15,401,209円

上記年利6%計算しています。積立簡単シミュレーション

20年の積立で1540万円になりました。

運用収益に対して本当なら20%ほどの税金がかかってきますが、それがないということでやはりかなりのいいシステムですな。

何を買ったらいい?

言うても何を買ったらいいのかというところで悩むと思いますが、個人的には米国全体に投資ができるVTI一択じゃないかなとは個人的に思います。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(VTI)

米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーする3,618銘柄(2018年10月末日時点)にわたる大型株から小型株に分散投資

買付時の手数料は無料(ノーロードファンド)

投資信託でかかる信託報酬は年0.1296%(税込)

米国株は50年以上右肩上がりに経済成長を続けていて、15年以上の米国インデックス長期保有はどんなに高値掴みをしてしまっても負けないと言われています。

コストもかなり低いので、VTIをガチホールドの積立でいいんじゃない?という感じがします。個人の見解ですが人気も高く、周りの投資家たちとも同じ意見ですのでオススメできます。

まとめ

NISAには一般NISAとつみたてNISAがある。

オススメ口座は楽天証券。

どちらかというとつみたてNISAがいいと思う。

VTIを買えばほぼ大丈夫。

楽しくやっていこう!

つみたてNISAは時間のかかることではありますが毎月増えていくのは楽しいものです。NISA制度を上手に活用して、老後お金に困らないようにしていきたいですね。

ABOUT ME
あおいろ
あおいろ
アーリーリタイヤを本気で目指し投資家へ。不動産投資、インデックスファンド、高配当ETFへ超長期に積み増していくスタイル。お金についてさらに学ぶため日商簿記2級をゼロから独学3ヶ月で取得チャレンジ→成功しました。